みなさまと共に歩んで半世紀

お知らせ

 

 

9月1日開催 シンポジウム「奄美・琉球の生物多様性と世界自然遺産登録」のお知らせ

 

 沖縄弁護士会と日本弁護士連合会の主催で、「奄美・琉球の生物多様性と世界自然遺産登録」と題したシンポジウムが下記のとおり開催されます。

 世界遺産は、人類が過去から引き継ぎ、未来へと伝えていかなければならない人類共通の遺産です。

 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」について、世界自然遺産登録に向けた取り組みがいよいよ本格化していますが、登録に至るには、永続的な生物多様性の確保が図れるのか等、課題は山積みです。

 沖縄の豊かな環境を後世へ繋ぐために私たちにできることを、ともに考えてみませんか。

 多くの市民の皆様の参加をお待ちしています。

日本弁護士連合会第60回人権擁護大会プレシンポジウム

「奄美・琉球の生物多様性と世界自然遺産登録」

日時:2017年9月1日(金)午後6時半から午後9時

場所:八汐荘 屋良ホール(那覇市松尾1-6-1)

【講演】吉田正人氏(筑波大学教授)

【報告】常田守氏(奄美) 屋富祖昌子氏(やんばる) 森本孝房氏(西表)

主催:沖縄弁護士会 日本弁護士連合会 (問い合わせ:098-865-3737)

※参加無料、事前予約不要

 

人権大会プレシンポ

 


2017年08月18日(金)

 

前のページへ戻る

取り扱い弁護団事件

 

 

事務所通信

事務所NEWS no.12(2017年1月号)

「辺野古違法確認訴訟高裁判決を乗り越えて」弁護士加藤裕/...

一覧を見る