みなさまと共に歩んで半世紀

お知らせ

 

第33回日本環境会議沖縄大会(10月21日~23日開催)のご案内

 

 2016年10月21日(金)~23日(日)に、下記のとおり、第33回日本環境会議沖縄大会(主催:同実行委員会・日本環境会議(JEC))が開催されます。当事務所の弁護士喜多が実行委員会の副実行委員を務めています。

 

 第33回日本環境会議沖縄大会は、環境・平和・自治・人権の問題が最も先鋭的に現れている沖縄から日本本土、米国、そして世界の人々へ問題提起を行い、そこでの世代間交流を含む人々の交流、意見交換を通じて未来を切り拓いていきたいとの趣旨で開催されます。

(詳細は下のチラシをクリックしてご確認ください)

 

 どなたでも参加できますので、日本環境会議のホームページ(http://www.einap.org/jec/article/jec/33/50)からお申し込みください。

 ぜひ、多数の皆さまのご参加を期待いたします。

 

      記

第33回日本環境会議沖縄大会

日程

2016年10月21日(金)~23日(日)

会場

沖縄国際大学/宜野湾市宜野湾2-6-1

主催

日本環境会議・第33回日本環境会議沖縄大会実行委員会

協賛

(一社)アクト・ビヨンド・トラスト

後援

日本弁護士連合会、日本自然保護協会、全国町並み保存連盟、日本生活協同組合連合会(以上、予定)

 

日本環境会議沖縄大会(表)日本環境会議沖縄大会(裏)

2016年08月18日(木)

8月20日開催「『過労死等防止対策推進法』学習会」のお知らせ

 

下記の学習会で、当事務所の弁護士喜多が講演をしますので、お知らせいたします。

 

 

「過労死等防止対策推進法」学習会

◆全国過労死を考える家族の会代表 寺西笑子氏講演会

◆「過労死問題の背景にある労働法制の問題点」 弁護士喜多自然

日時 2016年8月20日(土)18:00

場所 沖縄大学3号館1階3-101教室

参加費 無料

主催 第27回人間らしく働くための九州セミナーin沖縄 現地実行委員会

お問い合わせ 沖縄民医連内 TEL098-833-3397

共催 沖縄労働問題ネットワーク

 

※詳細はチラシをクリックしてご確認ください。

 

学習会チラシ➉jpeg

2016年07月28日(木)

7月1日開催シンポジウム「命の森やんばるをいかに守るか~『やんばる国立公園』案を検証する~」のお知らせ

 

シンポジウムのお知らせです。

当事務所の弁護士喜多と赤嶺が共同代表を務める「やんばるDONぐり~ず」と「NPO法人 奥間川流域保護基金」の共催で、下記のシンポジウムを開催することになりました。

 

 

「命の森やんばるをいかに守るか~『やんばる国立公園』案を検証する~」
日時:2016年7月1日(金)18:30~
場所:てぃるる2階会議室(沖縄県男女共同参画センター、那覇市西3-11-1)
共催:やんばるDONぐり~ず、NPO法人奥間川流域保護基金
★参加費無料★

問い合わせは当事務所まで 098-917-1088

 

2016年7月1日やんばるシンポチラシ

 

2016年06月13日(月)

意見書「やんばる地域の国立公園化計画の問題点」の報道について

 

 2016年3月23日に、やんばるDONぐり~ず(当事務所の喜多と赤嶺が共同代表)や日本森林生態系保護ネットワーク等が連名で「やんばる地域の国立公園化計画の問題点」という意見書を発表しました。

 このことが、翌日(3月24日)の沖縄タイムスと琉球新報で紹介されました。記事のリンクを下に貼り付けます。また、琉球新報では英語版HPにも記事が紹介されました。

 

沖縄タイムス 2016年3月24日「やんばる国立公園「狭すぎる」 環境団体が意見書」 http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=160043

琉球新報 2016年3月24日『やんばる国立公園 特別保護区「狭い」 自然団体、再考促す』 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-244494.html

 

琉球新報 英語版HP

Environmental groups say plan for Yambaru National Park conservation area falls short March 24, 2016 Ryukyu Shimpo

http://english.ryukyushimpo.jp/2016/03/30/24740/

2016年04月01日(金)

やんばる地域の国立公園化計画の問題点

 

 今月、環境省は沖縄本島北部のやんばる地域を国立公園化する方針を発表しました。

 これに対し、当事務所の弁護士喜多と弁護士赤嶺が共同代表を務める自然保護団体・やんばるDONぐり~ずは、日本森林生態系保護ネットワーク等と連名で、「やんばる地域の国立公園化計画の問題点」という意見書を発表しました。

 意見書は、関係省庁、沖縄県、関係自治体に送付します。

意見書1ページ目

画像をクリックするとPDFで意見書全文をご覧いただけます

2016年03月23日(水)

事務所NEWS no.11(2016年1月号)

 

2016年1月号の事務所NEWSをアップしました。

2016事務所ニュース ←こちらをクリックしてください)

 

今号の記事の内容は次のとおりです。ぜひ、ご一読ください。

 

「創立50周年を経て」 弁護士 阿波根 昌秀

「憲法の視点から考える辺野古問題~地方自治~」 弁護士 喜多 自然

「飛躍を期して~沖縄弁護士会非公認サッカー部」 弁護士 横田 達

「戦後71年目の課題」 弁護士 上原 智子

「奄美の森を自然遺産へ」 弁護士 加藤 裕

「人と弁護士と映画」 弁護士 白  充

「誰のために」 弁護士 赤嶺 朝子

「『辺野古基金』のご報告」

「『命の森やんばる訴訟』判決報告」

2016事務所ニュース表紙

↑画像をクリックすると全ページ(PDF)が表示されます

2016年01月20日(水)

創立50周年を経て

 

 頌春、皆様には慶いお正月をお迎えのことと存じます。私たちの事務所も所員一同元気で頑張っています。
 当事務所は、1965年12月21日に設立され、昨年12月で50周年を迎え、今年は51年目の新たな出発に踏み出します。異民族支配の下での劣悪な人権状況の中で、多くの県民のご期待をうけての設立でした。設立に参加した古堅実吉、深沢栄一郎、芳澤弘明の各弁護士は、いまだ施政権の及ばない沖縄において、日本国憲法の基本精神である平和主義、民主主義、基本的人権の尊重を事務所設立の旗印に掲げて事務所を設立し、所員一同とともに、この平和憲法の下に復帰する運動に邁進しつつ、多発する労働問題、米軍基地被害、刑事弾圧事件等々に取り組み、県民の権利の実現につとめてまいりました。
 1971年4月以降、事務所は新たに弁護士や事務局員を次々と拡充し、県民の多面的要求に応えられるよう体制を強化いたしました。これにより事務所の活動分野も広がってまいりました。
 事務所には従来の米軍基地撤去、労働者の権利擁護、生活営業を守る闘いの外に、沖縄の自然環境問題、薬害問題、女性の人権問題等々のご依頼が次々と寄せられるようになりました。
 現在のスタッフは弁護士7名、事務局9名のメンバーですが、これからも新たなスタッフを迎え、皆様のご依頼ご要請に応えていける態勢を強化しなければならないと考えています。
 辺野古新基地の建設を阻止する闘いは、県民の喫緊の課題です。警視庁から機動隊を投入までして工事を強行する安倍内閣は打倒しなければなりません。そのためにも今夏の参議院選挙でのオール沖縄の勝利が不可欠です。私たちはこの闘いにおいても、皆様とスクラムを組みながら前進して行きたいと思います。
 当事務所は、多くの県民や皆様の大きなご支援で50年もの活動を続けていくことができました。心から感謝申し上げます。
 皆様のご健勝を心から祈念いたします。

2016年1月   

弁護士 阿波根 昌秀

2016年01月07日(木)

12月18日開催 新外交イニシアティブ主催シンポジウム「宜野湾から沖縄の未来を考える」のご案内

 

1218日(金)19:00より、宜野湾市民会館にて、「宜野湾から沖縄の未来を考える―基地・経済・地方自治―」というシンポジウムが開催されます(主催:新外交イニシアティブ(ND)主催、後援:沖縄タイムス社)。

 NDには当事務所の弁護士白が加入しています。

 シンポジウムの詳細につきましては、チラシ及び下記告知文をご覧ください。

ぜひ、お誘い合わせの上、足をお運びください。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

         新外交イニシアティブ(ND)シンポジウム(沖縄)

      【宜野湾から沖縄の未来を考える―基地・経済・地方自治―】

               2015.12/18 (Fri) 19:00-

        会場:宜野湾市民会館 大ホール(1200人収容)

         http://www.nd-initiative.org/event/2125/

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 

沖縄と日本政府が激しく対立しています。「普天間の危険性除去」と「沖縄の負担

軽減」のための辺野古基地建設とされますが、本当に沖縄の負担軽減につながるの

でしょうか。辺野古移設をしなければ、普天間基地は固定化されるのでしょうか。

 

沖縄、そして宜野湾における「米軍基地」の意味を、経済や地方自治、そして安全

保障の視点から改めて問い直します。

 

●日時:20161218日(金) 19:0021:0018:00開場)

 

●会場:宜野湾市民会館(大ホール)

 住所:沖縄県宜野湾市野嵩1-1-2

 電話:098-893-4433

 地図:http://bit.ly/1H00sY4

 駐車場:http://bit.ly/1LYV7wL (「市民会館専用駐車場」をご利用ください)

 最寄り駅(バス停):宜野湾市役所前

 

●登壇者:

○講演:古賀茂明 氏(元経済産業省官僚/フォーラム4提唱者)

○パネルディスカッション:

 ・古賀茂明 氏

 ・呉屋守將 氏(金秀グループ会長/辺野古基金共同代表)

 ・當山智士 氏(株式会社かりゆし代表取締役社長/一般社団法人沖縄県ホテル協

会会長)

 ・石川達也 氏(沖縄タイムス編集局次長)

○コーディネーター:屋良朝博(ND評議員/元沖縄タイムス論説委員)

○全体司会:林千賀子(ND沖縄/弁護士)

 

●参加費:500円(ND会員・学生は無料、当日入会可)

 

●お申込み:

下記ページの申し込みフォームをご利用ください。

http://www.nd-initiative.org/event/2125/

当日参加も受け付けますが、できる限り事前申込みをお願いいたします。

 

●定員:1200

 

●主催:新外交イニシアティブ(ND

 

●後援:沖縄タイムス社

 

●お問い合わせ先:新外交イニシアティブ(ND)事務局

 03-3948-7255

 Webwww.nd-initiative.org

 東京都新宿区新宿 1-15-9 さわだビル 5

 E-mailinfo@nd-initiative.org

 Facebookwww.facebook.com/NewDiplomacyInitiative

 Twitter@nd_initiative

 

●シンクタンク「新外交イニシアティブ(ND)」とは:

新外交イニシアティブ(ND)は、日米および東アジア各国において、国境を越えて

情報を収集・発信し、政策提言を行うシンクタンクです。政策実現のため、国内

はもとより、各国における政府、議会、メディアなどへ直接働きかけます。ND

詳細はウェブサイトをご覧ください。

http://www.nd-initiative.org/

 

宜野湾シンポチラシ表宜野湾シンポチラシ裏

 

2015年11月16日(月)

11月14日開催シンポジウム「民主主義における自己決定と地方自治」のご案内

 

現在、辺野古新基地建設問題を通して、沖縄県と国の対立が一層深刻になっています。

地方と国の対立・紛争の解決のあり方、日米地位協定の改定問題を考えるシンポジウムが、下記のとおり開催されます。

この問題について、ご一緒に考えてみませんか?

民主主義における自己決定と地方自治

日時 2015年11月14日(土) 午後1時~午後5時(開場5時)

場所 タイムスホール(那覇市久茂地2-2-2タイムスビル3階)

入場無料・事前申込不要

パネルディスカッション(パネリスト)

島袋純氏(地方自治/琉球大学教授) 高作正博氏(憲法/関西大学教授)

安部真理子氏(日本自然保護協会) 屋良朝博氏(元沖縄タイムス社記者・論説委員)

主催 日本弁護士連合会、沖縄弁護士会、九州弁護士連合会

お問い合わせ/沖縄弁護士会事務局 098-865-3737

シンポ表

シンポ裏

2015年11月11日(水)

ドキュメンタリー映画『60万回のトライ』アンコール上映会のご案内

 

 シルバーウィークに、ドキュメンタリー映画『60万回のトライ』が下記のとおり上映されることになりました。

 同上映会に、当事務所の弁護士白が関わっているため、ご案内させていただきます。

ドキュメンタリー映画『60万回のトライ』アンコール上映会

【場所】シアタードーナツ    http://theater-donut.okinawa/

【日時】2015年9月19日(土)〜9月25日(金)※定休日:水曜日

【上映時間】①15:30  ②18:30

【料金】1,080円(大人:中学生以上) 540円(小学生) ※前売り券の発売はありません

公式ホームページ http://www.komapress.net/p/blog-page.html

60万回のトライ60万回のトライ裏

(チラシは2015年7月に開催された上映会のものを掲載しています)

2015年08月14日(金)

取り扱い弁護団事件

 

 

事務所通信

事務所NEWS no.12(2017年1月号)

「辺野古違法確認訴訟高裁判決を乗り越えて」弁護士加藤裕/...

一覧を見る