みなさまと共に歩んで半世紀

事務所の歴史

 沖縄合同法律事務所は、沖縄がまだ米軍統治下にあった1965年12月に古堅実吉(元衆議院議員)、深沢栄一郎(故人)、芳澤弘明(故人)の3名の自由法曹団員の弁護士によって設立されました。異民族支配下で住民の基本的人権が蹂躙され、次々と発生する労働事件や弾圧事件について、個々の弁護士での対応が困難になり、組織的救済活動が求められる中で、いわば必然的に設立された法律事務所でした。

 

 発足当時の事務所は、その事務所綱領で「事務所は、サンフランシスコ条約第3条と日米安保条約に反対し、平和と民主主義を守り、沖縄の祖国復帰を勝ち取るためたたかう」と掲げたように、祖国復帰、平和、民主主義の実現を追求し、復帰前においては、平和憲法の下への沖縄の施政権の返還、復帰後は軍事基地のない平和で豊かな沖縄の実現を目指してたたかってきました。

 

 現在のスタッフは弁護士女性3名、男性5名の計8名(20代1名、30代3名、40代2名、50代1名、70代1名)、事務局8名です。沖縄県内では最大規模の法律事務所です。

 

 8名の弁護士にはそれぞれ民事、刑事、倒産、住民運動等々の得意分野がありますが、どの分野についてもマルチに対応しています。

 

 青い空、碧い海と南の楽園とイメージされてる沖縄ですが、その日の暮らしにも困っている人たちが多い地域でもあります。これからも県民の生命と暮らしを守るたたかいに積極的に関わり、広く目配りのできる態勢づくりを心がけていきます。

 

事務所の概要

名称 沖縄合同法律事務所
住所

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目17番34号
(開南バス停近く、ホテル日光跡地)

駐車場案内2017

TEL 098-917-1088
業務時間 9時~17時半
定休日 土日、祝祭日

 


取り扱い弁護団事件

 

 

事務所通信

事務所NEWS no.12(2017年1月号)

「辺野古違法確認訴訟高裁判決を乗り越えて」弁護士加藤裕/...

一覧を見る